【個人事業主】開業届提出!気になることを税務署で聞いてきた。

いや〜、ついに僕もこっちの世界に足を踏み入れてしまいましたよ。

今日から晴れて、個人事業主の仲間入りです!!

 

と言いますのも、

本日開業届なるものを税務署に提出してきました。

とはいっても、残念ながらこのブログの収益がいい感じになったから開業届を出したわけではありません( ̄∇ ̄)

以前から仕事の都合上確定申告を自分でしないといけない立場でした。

そして今回別の事業の請負を始めたので、これまで提出していなかった開業届を提出して気合いを入れようと思った次第です。

そんな個人事業主のピヨすけ(言いたいだけ)が、開業届の提出の際に気になっていたことを税務署の方に直接聞いてきたので、今日はその辺のことに関して書いていこうかと思います。

開業届作成・提出

というわけで本日、初めて税務署に行ってまいりました!

あまり気持ちのいい話ではありませんが、市役所や職安など行政が運営する役所にはあまりいいイメージがありませんでした汗

なんか雰囲気重いし(気のせい?笑)職員さん怖い人多いし 楽しい思いではあまりなかったんですが、税務署の方たちはみなさん優しくて親切だったのでビビリの僕はとても安心いたしました笑

ちなみに今回僕は「個人事業の開業・廃業等届出書」と「所得税の青色申告承認申請書」という二つの書類を税務署で作成し提出してきました。

これらは別に直接税務署に行かなくても、ホームページでダウンロードし印刷して税務署に郵送することもできるみたいです。(上のリンクからどんなものか確認してみてください。)

ですが今回、特に「開業届」に関して提出する前に聞いておきたいことがあったので、税務署で作成することにしました。

税務署到着

税務署の中に入ると、窓口と郵便局や銀行のように番号札発券機があり、職員さんがどんな要件か聞いてくれました。

僕が行った時は比較的空いていたからなのか、職員さんが必要書類などを準備して持ってきてくださいました。

順番が来ると、おそらく税理士の資格を持った職員さんとマンツーマンで相談や書類作成ができます。

税金のことに関してとても親切に教えてくれるので、気になることがあれば空いている時間に直接行ってみてもいいと思います。

開業届や青色申告書は、住所、氏名、生年月日、職業など基本的な情報を記入していくつかの項目にチェックを入れるだけなのでとても簡単でした。

自分だけでも解説サイトなどを見れば簡単に作成することができると思います。

税務署で作成する場合は、印鑑マイナンバーがわかるものを忘れずに持参してください。

質問

今回開業届を提出する際に、二つ質問してみました。

1. 開業日はさかのぼって記入することができるのか?

2. 開業届を提出した後に新たな事業を始めた場合、再度届け出をしなければいけないのか?

なぜ僕がこんな質問をしたかというと、

去年の四月から個人事業主として仕事をしていましたが、開業届は出していませんでした。

本来は開業後1ヶ月以内に提出しなければいけないらしいんですが、出さないからといって何かペナルティがあるわけではないみたいです。(このようなルールがあるのを全く知りませんでした汗)

実際税務署の方に状況を伝えると、今までちゃんと確定申告していたのであればあえて出す必要はないとのことでした。

でもせっかく開業できる状況だったので、クレジット申請や仕事上の取引の時に少しでも歴が長いほうが、個人事業主としての信用が上がるんじゃないかと思いました。(実際に効果があるかは全くわかりません。)

こんな理由で開業日をさかのぼって申請できるのか聞いてみたところ、できるとのことだったので去年の四月に開業日を指定して提出しました。

ちなみに開業日はさかのぼれますが、提出日はその日の日付でしか出せません。

そして

来年今とはまた違う事業を始める計画があるので、開業届を出した時に記入した職業と別の事業を始めた時に再度申告しないといけないのか聞いてみました。

こちらも新たに何か書類を提出する必要はないとのことでした。

あまり厳密に考える必要はないみたいですね。

ただ確定申告の際には、収入を得た事業の職種は全て記入しないといけませんので注意してくださいね。

 

こんな感じで手続きを終えることができました。

イレギュラーな質問だったかと思いますが、親切に対応してくださった税務署の職員の皆さんに感謝ですm(_ _)m

あんまりいないとは思いますが笑 僕とおんなじような状況で悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です