ネイティブっぽくなる英語シリーズ:What’s going on?

Hey guys! What’s up?

ピヨすけです!

今日はネイティブスピーカーが普段頻繁に使っている言葉

What’s going on?

という表現を紹介したいと思います!

これ、日常でめちゃくちゃ使うんで要チェック英語です♪(´ε` )

しかもこれを言うだけでめっちゃネイティブっぽくなります。(と思ってるのは僕だけ?笑)

なんかかっこよくてめっちゃ言いたくなるんで、僕の大好きな英語表現です笑

どんなシチュエーションで使えるのか説明していきたいと思います。

どうしたの?

一番わかりやすく日本語で説明したらこうなるかと思います。

直訳したら、「何がおきてるの?」となります。

状況を聞きたい時に「どうしたの?」と軽い感じで聞くようなニュアンスで言えば大丈夫です。

この表現をネイティブはよく挨拶として使いますね。

「どんな感じ?」「元気?」のような感じで、声をかける時に

”What’s going on?”

なんて言います。

日本語で「元気?」って聞いた時に、

「おう!絶好調やで」って答えるときもあれば、

「おー、何やってんの?」みたいな感じで聞き返すこともありますよね?

”What’s going on?”

と言われたときも特に深い意味はなくて軽い挨拶なので、

”Hey! good good. How about you?”

とか、

”Hi, What are you doing?”

みたいな感じで状況に応じて返事すればいいと思います。

会話の取っ掛かりとして親しい友達によく言ったりするので、ぜひ覚えて使ってみてください!

何が起きてるの?

この言葉は挨拶以外にもよく使うシチュエーションがあります。

直訳した通りに、状況が知りたくてたずねる時にもこう言ったりします。

例えば、

人だかりができていてそこに友達がいたときなんかに、

「何が起きてるの?」

とたずねる感じで使います。

他にも家で家族が怒鳴り合ってる時とか、状況が飲み込めない時にはとりあえず

・What’s going on?
(どうしたの?)

て聞いてみましょう笑

これと同じような表現で、

What’s happening?”

なんてのもあります。

これらの表現は比較的気軽に使える日常会話なので、普段から積極的に使っていくといいと思います♪

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です