よく出てくる”mean” 便利な単語だけど使い方知ってる?

How are you going?

寒波が続きますが皆さん元気ですか〜?

今日も海外で暮らしてみて知った便利な英語表現をシェアしていきたいと思います!

 

mean = 意味する

以前の記事で、何を言っているのかわからないときに聞き返す表現を紹介しました。

そして、相手がどう言った意味で言ったのかがわからないときに使える単語があるという話をしましたので、今回はその言葉についてお話ししていこうと思います♪

関連する記事
リスニングが苦手?聞き返すのは恥ずかしいことじゃないよ!

mean

この単語は、みなさん学校で習ったことがあるかと思います。

「〜を意味する」という動詞ですね。

でも日本語で言うとなんかものすごいお堅い感じに聞こえません?

「私の意味するところによれば〜」みたいな感じでしょうか笑

すごい頭良さそうに聞こえるので、そういう効果を狙って言ってみるのもええかもね笑

話が少し外れてしまいましたが、日本語に直すと普段あんまり使わないんじゃないでしょうか?

でも英語ではこの mean という単語、本当にしょっちゅう使います。

先ほどのように、日本語で直訳してしまうと少し違和感を感じますが、

英語のニュアンスではもっと会話的でフラットな感じになります。

色々なシチュエーションで使うことができるので、いくつか例題を出して感じを掴んでいっていただければと思います(^ ^)

・I mean

会話の中でよく出てくる表現です。

自分が言ったことに対して説明を加えたいときや、相手が理解していないときに別の言い方をしたりするときの前置きの言葉としてこう言います。

日本語に直すと、

「つまり」とか、「僕が言いたかったのは」といったニュアンスで使います。

こう言われると日本語でも無意識にしょっちゅう言っている言葉じゃないですか?笑

例えば、

How is your mother?
「お母さんは元気?」

She is not fine, I mean she has a cold.
「よくないよ、風邪を引いてるんだ。」

よくある日常会話ですね。

この場合、深い意味はなくお母さんの様子を聞かれているだけなのに、

「よくないよ」だけだと何か深刻な問題があるんじゃないかと疑ってしまいますよね?

そこで I mean を使って風邪を引いていると付け加えると、相手も状況を理解できるので心配せずに済みます。

このように会話の中の接続語のような形でしょっちゅう使うのでぜひマスターしましょう!

 

・You mean …… ?

今度は逆に、相手が言っている内容が自分の理解とあっているか確認するときに使うことができます。

「つまりこういう意味?」のようなニュアンスですね。

I’ll drive!
「僕が車を出すよ!」

You mean you’ll pick me up?
「君が迎えに来てくれるっていうこと?」

Of course!
「もちろん!」

こんな感じで相手の意図を確認したいときや、はっきりと理解できているか確認したいときに使うことができます。

相手の言ったことが理解できているか自信がない時は、You mean を使って確認してみましょう!

・What does it mean?

「それってどういう意味?」

これは英語学習においてとても便利な表現なのでぜひ覚えてもらいたいです。

it の部分を聞き取れなかった単語などに置き換えて意味を尋ねることが出来ます。

What does “optimistic” mean?
「”optimistic”ってどういう意味ですか?」

このような形でわからない言葉や表現をガンガン聞いちゃいましょう!

ちなみに”optimistic” とは「楽天的」という意味です。

なぜ例題にこの単語を選んだかというと、

特に意味はありません笑

なんとなく思いついた単語ですが、無性にこの単語は好きです笑

他にも meaning という名詞を使って、

What’s the meaning?
「その意味は何ですか?」

このような聞き方もできるので、ついでに覚えておいてくださいねー。

 

・You know what I mean?

これも本当によく聞く表現です。

人にもよりますが、口癖のように連発する人もいるので覚えておきましょう。

話の最後に「わかった?」と確認するように言います。

「私の言いたいことがわかった?」というように、相手が自分の言ったことを理解しているかどうか確かめたいときに使います。

でも連発する人は、そこまで深くなくてもおきまりのように “You know what I mean?” と言うので “Yeah” と言っておきましょう笑

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

このように様々なシチュエーションで活用できる mean という言葉。

この使い方をマスターすればグッと会話の幅が広がります!

また意味を尋ねることができるので、ネイティブとの会話の中で英語を覚えるのにとても役に立ちます。

僕もニュージーランドで色んな人にこの表現を使って尋ねていました。

ぜひ皆さんにも覚えてもらえればと思いシェアしました♪( ´▽`)

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です