お金に関する英語表現

What’s up?

海外で生活するときも、旅行に行くときも必ず必要なのがお金に関する英語表現です。

値段を聞いたりお金を支払ったり、色々な場面でお金に関わる英語が出てきます。

しっかり覚えておかないと、損しちゃうこともあるかも!?

必ず役に立つ分野なので、

今日はいくつかの表現をまとめてみました。

 

 

お金に関する英語表現

まず最初に、皆さんが一番よく使うであろう表現から。

  How much is it?
「それはいくらですか?」

店で買い物をしていて、値段を聞きたいときに使います。

値札がないものもありますし、

勘違いしていてレジで思っていた値段と違っていた!なんてこともあるかもしれません。

買うかどうか決める前に、いくらなのかはっきりと知りたいですよね。

海外でも値段を聞くことは悪いことではないので、このようにどんどん聞いちゃいましょう!

  How much does it cost?
「それはいくらぐらいかかりますか?」

基本的には先ほどの How much? と同じように使えますが、こちらの方が少し丁寧だと思います。

でも気にし過ぎるほどではなく、ほとんど同じだと思って大丈夫です。

 

・お金を払う

お金を払う(払った)と言いたいとき、” pay ” と ” spend ” のどちらを使うのか悩んでしまったことありませんか?

この二つの単語、両方とも何かを買うためにお金を支払うという意味で使うことができます。

ですが、

” spend ” は比較的価格の大きなものに対して、または絶対に必要なものではないけどお金を使ったとき(例えば趣味や旅行など)に使います。

例えば、

I spent so much money for my trip.
(旅行にかなりお金使っちゃったよ。)

I’m spending a lot of money on gaming.
(ゲームにめっちゃお金使ってる。)

spendは「費やす」という訳で考えればニュアンスがつかみやすいのではないでしょうか。

逆に ” pay ” は単純に支払うという意味です。

I pay for you.
(君の分払うよ。)

I paid the rent.
(家賃を払った。)

友達とカフェに行って「おごるよ」というときに、” I pay ! ” なんて言ったりしますね。

ちなみに「おごる、ご馳走する」という意味の表現はたくさんあって、カジュアルだったりフォーマルだったりとシチュエーションによって色々な言い方があります。

I got it.
(おごるよ。)

I’ll buy you a coffee.
(コーヒーおごるよ。)

Lunch is on me.
(昼は僕のおごりね。)

I’ll treat you.
(ご馳走するよ。)

などなど。

他にも色々な表現方法があるので、気になった方は調べてみてくださいね。

 

・両替

海外旅行にはつきものの両替。

今では国際キャッシュカードやクレジットカードが使えるので、現地の通貨を手に入れたりお金を支払ったりといったことが簡単にできるようになりました。

ですがまだまだ通貨を両替する場面もたくさんあると思うので、しっかりと覚えておきたい分野です。

Where is the money exchange counter?
(両替所はどこですか?)

What’s the exchange rate today?
(今日のレートはいくらですか?)

Can I change yen into dollars?
(日本円をドルに両替してもらえますか?)

Can you make change for a 50 dollar bill, please?
(50ドル札をくずしてもらえませんか?)

これだけ覚えておけばとりあえず困ることはないかと思います。

 

まとめ

海外で生活するにも旅行に行くにも、お金は必ず必要なものです。

現地通貨が使えないと何もできないので、今日の表現はしっかりと覚えてもらえたらと思います♪

ちなみに僕がワーホリでいったニュージーランドでは、「エフトポス」というシステムが一般化されていました。

仕組みとしてはデビットカードのようなもので、銀行のキャッシュカードで支払うことができます。

カードを通すと自分の口座から直接引き落とされるようになっていました。

クレジットカードとは違い口座にある残高分しか使うことができませんし、口座の情報はスマホの専用アプリでいつでもチェックすることができるので安心でした。

小さな個人商店でも使うことができ、今までエフトポスが使えなかった店はありませんでしたね。

なので生活するにあたって、仕事を始めてニュージーランドドルでお金が稼げるようになってからはほとんどキャッシュを持っていませんでした笑

本当に便利なシステムだったので、ぜひ日本でも導入してもらいたいシステムですねー。

日本は先進国で技術力もあるのに、お金の電子化にはかなり遅れているような印象を受けます。

その辺の知識は全くないので何もわからないんですけど、なんでなんでしょう?笑

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です