英語で考える曜日についてのあれこれ。

Hello!

あなたは ”今度の○曜日” や “来週の○曜日” って英語で何ていうか迷ったことありませんか?

時間や曜日に関する英語って、日常で必須ですが苦手意識のある人結構いるんじゃないでしょうか。

僕もニュージーランドで生活していて、よく勘違いしたり間違えたりしていました(^^;)

海外で友達ができたら一緒に遊んだりするのに約束しますよね。

ワーホリでアルバイト始めたらシフトの相談なんかもあります。

そんなときに曜日を勘違いしたら大変です。

皆さんが大失敗しちゃう前に僕がしておいたので、今日は”曜日に関する英語表現”を覚えていただければと思います。

 

次の○曜日

人と約束するときによく「次の○曜日」という言い方をしますよね。

大概の人はこう言われると、一番近いその曜日の日をイメージするかと思います。

例えば、

今日が月曜日だとして、「次の木曜日にカラオケ行こうよ!」と言われたら、しあさってのことだと思いますよね。

では英語ではどうでしょうか?

「次の木曜日」を直訳すると、” next Thursday ”

言葉としては間違ってません。

でもこう言われると、ほとんどの人は「来週の木曜日」だと思います。

ややこしいですよね。

僕もこれで何度か友人に誤解を与えてしまいました。

この場合、” this Thursday ” と言えば次の木曜日になります。

つまり、nextをつけると「来週の」という意味になってしまうんですね。

日本の英語の授業では next = 次 と覚えてしまっているので、勘違いをしてしまっている人も多いかもしれません、僕のように笑

では今日が土曜日だった場合、

次の木曜日は This Thursday、Next Thursday、どちらでしょうか?

この場合はどちらも間違いではないんですね。

週をまたぐ時はさらにややこしいかもしれません。

でもどっちでもよかったら少し悩みますよね。

「どっちだろう?少し自信ないな」

そんな時は相手に確かめるのが大事です。

ここでとても便利な表現があります。

This coming 〜 ”

〜に曜日を入れて、次の曜日だと強調することが出来ます。

さっきの例だと、

今日が土曜日で、” This coming Thursday ” と言えば来週の木曜日(次の木曜日)となるわけですね。

これは週をまたいでなくても、次の日だよと言いたいときに使うことが出来ます。

僕は初めて曜日を間違えてからは、この表現を使って必ず確かめるようにしていました。

 

ネイティブでも悩む「This」「Next」

曜日に関する英語、ややこしいですよねー。

実は、そう思うのは日本人の僕たちだけではありません。

日本語でも時折相手に確かめないといけないように、ネイティブの人たちも悩むことが結構あるんだそうです。

先ほど週をまたぐとき、「this」でも「Next」でもどちらも間違いではないと言いました。

ということは人によって考え方が違うということです。

だからこそ、わからない時は明確に理解できるように確かめることが大事になってきます。

僕の今までの経験や英語のサイトをいくつか読んでみて、気づいたことがありました。

先ほどの例に戻りますが、

今日が土曜日で次の木曜日を、「This Thursday 」という人は、

「Next Thursday 」は、さらにその次の週(再来週)の木曜日になるんじゃないかと思いました。

逆に次の木曜日を「Next Thursday 」という人は、

「 This Thursday 」はすでに過ぎた、土曜日からみて一昨日の木曜日になるのではと考えました。

そうだとすると一週間もずれてしまいます(ToT)

なぜこんなに違うのか?

海外のサイトを読んでみると、アメリカやイギリスなど国の違いで文化や考え方が違うので、それぞれに違いがあるようでした。

人によっては動詞の時制によってわかりやすく伝える人もいます。

今週のことであれば ” on ” をつけて表現するという人もいました。

このように、ネイティブスピーカーもこの問題には苦労しているようです。

ネイティブのサイトにはたくさんの意見が飛び交っていました。

そんな中でも「 This coming 」をつければすぐ次に来る曜日のこと、というのは共通認識なんじゃないかと思います。

なので僕は、予定を確かめる時はこの表現を使って確かめるようにしています。

まぁ一番確実なのは、何月何日なのか確かめることだと思います笑

 

最後に

僕の説明が下手なので皆さんにどこまで伝わっているのか不安ではありますが、こんな違いがあるんだということを知ってもらえればと思います。

予定を決める時はとにかく確認が大事ですよ!

まぁネイティブが議論するぐらいなので、僕たち日本人が混乱するのも無理ないと思いますが。。。

ちなみに海外サイトをみていたら面白い書き込みがありました。

日本で英語の先生をしていたという人が、

日本人にとってはこの問題はとてもややこしいから、日本人には「This Wednesday 」のことは、「 This past Wednesday 」か 「 Next Wednesday 」で言ってあげてほしい。

というものでした。

こんな親切な配慮を払ってくれる人もいるようなので、なおのこと気をつけてくださいね笑

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です